株式会社中央保険センター

お知らせ・ブログ

NEwS & BLOG

トップページ > お知らせ・ブログ > ほう・れん・そうの更に先へ

ほう・れん・そうの更に先へ

代表


ほう・れん・そうの更に先へ

報連相(ほうれんそう)という言葉が

仕事の世界では良く使われます。

 

報告しなさい

 

連絡しなさい

 

相談しなさい

 

社会人になりたての頃によく上司から言われることです。

 

ビジネスの基本として教わります。

大変大事な事です。

 

しかし少し疑問に思っていました。

 

これでその人は成長して行くのだろうか?

 

そんな事を考えてググっていたら

同じような事を考える人がいるもんで

報連相はもう古い、今は「かくれんぼう」だ!

というのを見つけました。

 

確認、連絡、報告です。

 

 

報連相では「指示待ち人間」になってしまう。

「自主的人間」を育てないといけないとの話です。

 

なぜこのような話を考えるようになったか?というと

今回のコロナです。

 

テレワーク、時短、休暇など色々な働き方が出来ましたが、

この事により仕事の効率化、人材の効率化などを

社会や会社は考えるようになりました。

 

この方向に評価が進むと働く人にとって厳しくなります。

実力主義になってきます。

 

家でマイペースで仕事が出来る、仕事の時間が短い、休みなどと

安易な事を言ってられなくなります。

 

逆にどんな環境でも一生懸命に仕事をして頂ける人も見えてきます。

 

「自主的人間」になって行かなければなりません。

 

先週、打合せの時に他の代理店さんから

当社の営業事務の方々が褒められました。

 

仕事の量や効率が凄いとの事でした。

 

 

確かに更新作業、会社全体の満期管理、事故処理、提携先の管理、

営業社員の補助、プロジェクトの新規の営業、電話対応などなど

オールマイティーに多くの仕事をして頂いています。

 

 

その評価は嬉しかったですが、ここで止まってはダメです。

 

厳しくまだまだです。

 

 

と言うのも今後の世の中、働き方に危機感を持っているからです。

 

 

当社の社員も更に成長してプロフェッショナルな仕事人になってもらいたい!!

切に思っています!!

 

そのことが将来、皆さんの一番の安全策だと思います。

 

 

 

※このブログを書いていたらベルさんの先輩お二人を思い出してしまった。(謎)

良い見本になる方々ですよね。

ベルさん、こんどブログに書いてくださいね。

 

 

今週も頑張って行きましょう!!!

 

 

ABOUT|この記事を書いた人

株式会社中央保険センター代表取締役 鈴木健一でございます。

一覧へ戻る