株式会社中央保険センター

お知らせ・ブログ

NEwS & BLOG

トップページ > お知らせ・ブログ > 映画の話 -検察側の罪人-

映画の話 -検察側の罪人-

営業事務社員


こんにちは、ブログをご覧いただきありがとうございます。

営業事務を担当しております おもち(ハンドルネーム)と申します。

 

ブログというものを人生で初めて書きますので、

何を書けばいいのかわかりません。

とりあえず、最近観た映画の話でもしようかと思います。

 

つい先日【検察側の罪人】を観てまいりました。

ジャニーズの木村拓也さんと、二ノ宮和也さんがW主演ということで、

一部で話題になっていたように記憶しております。

内容はざっくり以下の通りです。

 

東京地検の検事である最上と、その部下である新人検事の沖野は、

ある日老夫婦刺殺事件を担当することになる。

その事件の容疑者の中には、過去の事件で最上と因縁のある男・松倉がおり、

何としても松倉を逮捕したいと考える最上は、やがて暴走していく。

憧れの先輩である最上の暴走を見て見ぬ振りしていた沖野は、最上の行動に異議を唱える、

同じく部下で立会事務官の橘をきっかけに、共に最上の暴走を止めるため奔走するが・・・。

 

といった感じです。

 

印象に残っているシーンで、二ノ宮さん演じる沖野が、

怒鳴りながら罵詈雑言を容疑者に浴びせるシーンがあるのですが、

本業アイドルとは思えないほどの迫力がありました。

 

それから木村さんの眼力も、とても印象に残っています。

さまざまな感情を目や表情で語っておられました。

 

難しく重い映画でしたが、実力派といわれる俳優陣の圧倒的な演技力と

テンポの良いストーリー展開のおかげで、最後まで飽きずに観ることができました。

正義とは何かを改めて考えさせられます。

 

まだ公開中(のはず)ですので、

皆様も興味があればぜひ、劇場に足を運んでみてください。

ABOUT|この記事を書いた人

株式会社中央保険センターの営業事務担当でございます。

一覧へ戻る